保育の方針

これからの時代を健やかに生きる力を

1/3

生活と教育の統合

 生活を通して、体を鍛え、自立心や人と関わる力、豊かな人間性を育てていきます。その育ちを支援するのが保育園における教育です。子ども達は五感を総動員して展開する生活からさまざまなことを体得していきます。保育士は常に教育的な視点をもってそれを支援します。

Bird Icon

人権尊重の保育

 子どもは人として尊重されなければなりません。子どもの意見を十分に聞き、人格を尊重しながら保育を行います。子どもが園での生活をのびのびと楽しみ、自分自身の成長を確認し、自己肯定感を持つ保育をめざしています。

1/3
Whale Icon

“本物”の体験を重視

 当園では、0歳児から可能な限り本物に触れ体験させる機会を多く持てるようにしています。夏祭りには屋台を組み、おはやしや多くの店を出して夏祭りを楽しみます。発表会は、園外の総合文化センターや文化会館の大ホールの舞台を借りて行います。運動会も大学の広いグランドで行います。乳幼児期から本物を体験することで、豊かな人間性や情緒が育まれていきます。

1/3